マンションの売却と貸し出しならどちらにメリットがある?

マンションの売却を考えているけど売却と賃貸として貸し出すのとではどっちがいい?

マンションを所有している方が売却することを検討し始めたときは、本当に手放していいのか迷ってしまうことがあるでしょう。

大切な財産であるマンションを売却するとなれば、簡単には決められませんし迷いも生じるはずです。住宅ローンの返済が滞ってしまった場合は速やかに売却をして返済にまわさなければなりませんが、今すぐ手放さなくても良い状況であれば賃貸物件として貸し出すという選択肢もあります。

分譲マンションの賃貸は一般の賃貸マンションより人気がある

分譲マンションは一生の住まいとして購入する建物ですから、初めから細部にこだわって建築されています。賃貸マンションと比べて全体的にハイグレードな造りになっており、高級感のある見た目になっています。

このようなハイグレードな分譲マンションに憧れている方も多く、一度は住んでみたいと思っている方は少なくないでしょう。

分譲マンションに住みたいと思ったら数千万円単位のお金を払って購入しなければなりませんが、分譲マンションの一室を所有しているオーナーが賃貸物件として貸し出しているケースもあるのです。賃貸物件なら毎月の家賃を支払うだけでハイグレードのマンションの入居者になりますから、高いお金を出して購入する必要がありません。

分譲マンションの一室を借りる場合は他の物件と比べて若干高めの家賃を支払うことになりますが、それでも人気があるので需要は決して少なくありません。所有しているマンションが駅から近い物件であったり生活しやすい住環境が整った物件であれば借り手は付きやすいでしょう。

マンション売却ではなく賃貸を選んだ場合の最大のメリットは、家賃収入が得られるようになることです。所有しているマンションを貸すことになれば他の物件に移らなければなりませんが、自分自身も賃貸物件に住むことになれば現在支払っている住宅ローンと新たに借りる物件の家賃を二重で支払うことになってしまいます。

ただ、その点は家賃として得る収入を住宅ローンの返済に充てることができるので、心配することはありません。住宅ローンの返済額よりも家賃が安い物件に引越しすれば、これまでよりもゆとりのある生活ができるようになるはずです。

また、住宅ローンの返済額よりも家賃を高く設定すれば貯蓄にまわすことも可能です。

マンションを貸し出すことのリスクやデメリットは?

マンションを貸し出してしまうと、自分が住みたくなったときに戻れないのではないかと心配する方もいるでしょう。例えば転勤などの事情によって他の土地に引越ししなければならない場合や親の介護などの事情で数年間離れた場合でも、いつかは自分のマンションに戻りたいと思うのは当然です。

そのようなケースに対応できるように、マンションを貸す際はあらかじめ期間を限定して契約を結ぶことができるようになっているので安心です。

通常の契約では契約期間満了とともに更新契約を結ぶ形になりますが、定期借家契約を結べば初めに設定した契約期間が終われば入居者は退去しなければならないのです。

定期借家契約は二年で結んでも構いませんし、五年や十年など長く結ぶことも可能です。契約期間が終わると同時にマンションに戻ってくることができるので、住む場所を心配する必要はないのです。

しかし、マンションを他人に貸すことには、必ずしもメリットだけがあるわけではありません。デメリットになる部分もあるので不安を抱く方も多いでしょう。

自分の所有物件であれば壁や床にキズをつけたくありませんから大切に扱うものですが、所有物件でなければ意識も変わってくるはずです。

入居者に貸している間に破損や汚損が生じる可能性は高いですし、住宅設備が故障すれば所有者が費用を負担して直さなければなりません。

マンション売却を実行すれば管理する必要もなく、別の物件を購入する費用に充てることもできます。それぞれのメリットとデメリットを比較しながら自分に合った方法を選択しましょう。


PAGE TOP