マンションを売却する際の注意点

マンションを売却する際の注意点

マンションを売却する際の注意点ですが、第一に不動産会社の選定が大事になってきます。不動産会社を選ぶ作業は慎重に行わなければなりません。

中古マンションを売却した場合は、中古マンション売却に特出した不動産会社を選ぶ必要がありますし、不動産会社によって得意分野や規模、扱う物件の種類が違うのです。

一番高い価格を見積もってくれた不動産会社にとか、規模が大きくてテレビコマーシャルなどでもよく見るし有名な企業だからと言って安易に決めてしまってはいけません。不動産会社の今までの実績や営業マンの人柄なども加味して決めましょう。

一番最悪なのは、いつまでも売却できないということなのです。

次に注意すべき点は売却価格にこだわりすぎないという点です。もちろん高く売れることに越したことはないのですが、相場よりも高すぎては売れるものも売れません。

プロが査定した査定額を聞いても、売却価格をそれよりも高めに設定してしまう人が多いのが実情です。何に対しても言うとおりなのも駄目ですが、物件を見る目をもっているプロの意見も取り入れなければいけません。

昔はもっと高く売れたなどの話を聞いて高く売りたいと思っても、昔と今は違いますし、相場の情勢は常に変わっています。ここら辺が査定額が高い業者ということだけで、安易に決めてはいけない理由の一つでもあります。

重要なのは、家の相場を知るということです。失敗しないためには、自ら調べた相場の結果とプロが査定した相場をすり合わせる作業をする必要があります。

査定の際は正直に物件の情報を伝えるべき

次に注意すべき点ですが、査定のときに不具合や問題点を隠してはいけません。物件のありのままを伝える必要があります。

問題点や不具合を隠したまま契約が成立したとして、いざそのときにバレた場合、トラブルに巻き込まれる危険性があります。最悪の場合、裁判などの訴訟を起こされてしまうケースもあります。

ですので、査定士にはありのままを伝え査定をしてもらいましょう。

引渡しあとにすぐ設備が壊れるケースも考えられますので、売買契約書の中でそのときの対処方法も決めておく必要があります。例えば壊れる可能性はあるが、責任はもてない旨を売買契約書に追加してもらいましょう。

売却時に掛かる費用は前もって目処をつけておく

次に、売るときに掛かるお金、費用を前もって知ることも重要です。

残念なことですが、売れた金額がそのまま手元に入ってくるわけではないことを理解しておくことが重要です。不動産を売るときに一番かかるお金は仲介手数料です。

会社によっても違いますが、事前に仲介手数料がいくらくらいになるのかは聞いておく必要があります。

ちなみに仲介手数料の上限は取引価格×3パーセント+消費税の金額が上限になっていますので、取引価格が決まればおのずと最高額の目安を計算することが出来ます。

売買契約を結ぶときには、契約書に貼る印紙代金がかかります。印紙の代金は契約書の金額にもよって異なりますが、200円~80,000円までの幅があるので注意が必要です。

不動産会社と自分と両方で印紙を貼る必要があります。

また、買ったときよりも高く売れた場合は税金がかかります。確定申告をして、所得税や住民税がかかります。

買ったときよりも安くなってしまった場合は、税金はかかりません。さらに所得税の還付を受けられる場合がありますので、確定申告は必須です。

売却の際に必要な書類はあらかじめ揃えておく

書類も大量に必要になります。

最初に必要な書類は登記簿謄本(土地と建物)、購入時の売買契約書、重要事項説明書、土地の測量図、家の図面や仕様書が必要です。

実際に売るときに必要なのは、登記済権利証、固定資産税の評価証明書(土地と建物)・固定資産税納付書、実印と印鑑証明、抵当権抹消書類(住宅ローン抹消)、登記簿の住所と今の住所が異なる場合は、住民票、境界確定測量図、物件状況確認書、銀行の通帳になります。


PAGE TOP