一般媒介と専任媒介の違い

マンションを売却する際にしっておきたい一般媒介と専任媒介の違い

マンションは一部を除くと値下がりが激しい不動産物件ですので、見切りをつけて早い内に売却を考えるのも一つの考え方です。

マンション売却を行う際には、単純に不動産会社に依頼するという内容にはなっていません。売却の方法には色々あります。方法の違いを知らなければ後で後悔することにもなりかねませんので、事前に最低限の知識を頭に入れておくと良いでしょう。

今回は、その売却方法の違いについて説明します。

不動産の売却方法には一般媒介と専任媒介がある

主な売却方法として、一般媒介と専任媒介の2種類があります。それぞれ、不動産会社との契約内容が違うのが特徴です。

一般媒介のしくみとメリット

一般媒介は、複数の不動産会社と契約する方法です。他の不動産会社でも同じ物件を宣伝する仕組みになっていますので、不動産会社の間で激しい競争になります。

というのも、売却が決定すれば、その決定を成立させた不動産会社のみが、利益を得られるようになるためです。

この媒介を選ぶ際には、契約をする全ての不動産会社について、公表する必要があります。つまり、一部の不動産会社だけ内緒で契約できないということです。

ちなみに、一般媒介の利用時には、必ずしも不動産会社を利用する必要はありません。売り主が独自に買い主を見つけて、取引をすることも可能です。

この場合は売り主が契約を成立させますので、不動産会社へ仲介手数料を支払う義務が生じません。家族や親戚がマンションを欲しがっている場合などで、大いに役立ちます。

不動産会社を利用するパターンを取ったとしても、複数の不動産会社が物件を紹介してくれますので、広く世間に物件の存在を知らせることができるというメリットがあります。

専任媒介のしくみとメリット

もう一つの専任媒介ですが、この媒介を利用すると、不動産会社との契約は1社に限定されます。複数の不動産会社と契約すると違反になりますので、違約金が発生したり、契約を一方的に解除される可能性がありますので、注意しましょう。

1社のみの力による宣伝になりますので、宣伝できる範囲が狭まるリスクをはらんでいます。ただ、大手の不動産会社であれば、そのリスクが多少は軽減されます。

競合他社と物件の売却を争う必要がないため、不動産会社としては利益になりやすい契約方法です。そのため、一般媒介よりも、力を入れて宣伝してくれるというメリットを持っています。

マンション売却の不動産会社との契約期間は3ヶ月と決まっていますが、この期間中に買い主があらわれなければ、不動産会社自らが購入する責任を取るというサービスも存在します。できるだけ早く、確実に売却をしたい場合には、有利な方法です。

1社だけと契約することから、やり取りが楽に済むというよさもあります。専任媒介を選んだからといって、売り主自らが買い主を探してはならないという決まりはありません。売り主が探してきても文句をいわれることはないため、その点は安心してください。

専任媒介には、他に専属という種類が存在します。専属も1社の不動産会社のみとの契約になる方法ですが、これを利用すると、売り主自身で買い主を見つけることが禁じられます。もし自ら売り主を見つけて契約した場合には、違約金として手数料を支払わなければなりません。

但し、他の手段と比較すると、最も熱心に不動産会社が売却の努力をしてくれる方法になります。状況報告も、頻繁に行ってくれます。1週間に1回以上の報告をしてくれますので、リアルタイムな状況を確認しやすいというメリットがあります。

売り主自身で買い主を見つけることがないなら、専任で任せてしまうのもありでしょう。但し、専任はあまり人気がなく、基本的には他の媒介が多く利用されています。

立地のよい人気の物件なら一般媒介、築年数が古かったり、駅やバス停から遠いといった人気のないマンションの売却であれば、専任媒介を選ぶのが有効です。


PAGE TOP